シェアハウス選びについて

最近話題にあがることの多いシェアハウス物件。しかし、まだまだ認知度が低いため、どのような点に気をつけるべきか頭を悩ませている人も多いかと思います。実は意外と大事な運営事業者について、そして、生活設備をどのように見るべきか。この2点が非常に重要なポイントとなります。

シェアハウス運営事業者は、そのシェアハウスの分身といっても良い存在です。運営事業者が決めたルール、運営事業者が受け入れることを決めた住人が生活するシェアハウスに、果たして自分が住んで良いのかどうか、しっかりとイメージすることが大切です。では、どのようなポイントで良い運営事業者を見極めることができるのか。それは、シェアハウスへの訪問頻度です。訪問頻度が高ければ高いほど、物件に対しての関心が高い証拠です。そして関心が高ければ、住人がどのようなことに困っているか即座に気づくことができる可能性が高いでしょう。運営事業者にどのくらい訪問するか聞くことは絶対に外せないポイントのひとつです。

また、毎日の生活に欠かせない生活設備についても調べていきましょう。お風呂や洗濯機などは時間帯によって混み合うことが多々あります。自分の生活リズムと住人の生活リズムがしっかりと噛み合うのかどうか、事前に調べておくとよいでしょう。生活設備によっては現金を使ったコイン式の運営を採用している場合があります。メリットデメリットがありますので、ここも注意しておきたいです。

共同生活独特の不便さが不安になりがちなシェアハウス物件。この記事がその不安を解消するきっかけになれば嬉しいです。