未分類

生活設備について

風呂シェアハウスで暮らしていくという点で生活設備は欠かせません。人間らしい生活をしようと思ったときに必要な設備というものは数多く存在します。一体必要な生活設備とはどんなものがあるのでしょうか。

まず、真っ先に思い付くのがお風呂です。清潔な身なりは生活の基盤になります。そして洗濯機の存在も重要です。自炊をするという方はキッチンもチェックしておきたいところでしょう。そして、シェアハウスで暮らす人が必ず使用する靴箱は必ず確認しましょう。ここが乱雑な場合、その他の場面でも使用ルールが守られていなかったりする可能性があります。

シェアハウスという特性上、どの生活設備も共同で使用することになります。そのため、使用する頻度や混み合う時間についても確認しておくと良いでしょう。入居する前の段階で限界に近い使用状況であった場合、入居を考えた方が良いかもしれません。そして女性の方は特に注意しなくてはならないのが防犯面です。女性向け大型シェアハウスなどでは、セキュリティにも力を入れているところがありますが、小さな一軒家タイプのシェアハウスの場合そういった防犯対策は全くしていない場合があります。部屋の鍵お風呂の鍵などは事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

また、洗濯機などは100円玉など現金を使ったコイン式である場合があります。これは光熱費を分担する場合に使用頻度によっての不公平がなくなるメリットがありますが、常に小銭を用意しておかなければならないデメリットもあります。こちらも自身の生活リズムに合わせて考える必要があります。

未分類

運営事業者について

業者シェアハウスを選ぶ際に一番重要視して欲しいポイントは運営事業者がどのような人物かということです賃料立地などに重点を置いていた人は驚くかもしれませんが、この点を疎かにすると、入居したのに、すぐ引っ越しということにもなりかねません。なぜ運営事業者がそれほどまで大事なのでしょうか。

それは、運営事業者の人柄がそのままシェアハウスの雰囲気を決定づけているからです。シェアハウスの運営ルールを決めたり、入居者の受け入れを決定していたりするのは運営事業者に他なりません。そのため、運営事業者がどのような人かを把握すれば、その後のシェアハウスでの生活も想像ができるというわけです。

では、具体的にはどのようなところを見れば良いのでしょうか。それは、シェアハウスへの訪問頻度です。訪問頻度が高ければ高いほど、そのシェアハウスへの関心が高いことに繋がります。シェアハウスへの関心が高いということは、そのシェアハウスの住人がどのような人で、どのような生活をしていて、どのような点に困っているということを把握している可能性が高いということです。逆もまたしかりで、訪問頻度がどれくらいかということを知っておくだけで、良いか悪いか判断することができるはずです。

未分類

シェアハウス選びについて

最近話題にあがることの多いシェアハウス物件。しかし、まだまだ認知度が低いため、どのような点に気をつけるべきか頭を悩ませている人も多いかと思います。実は意外と大事な運営事業者について、そして、生活設備をどのように見るべきか。この2点が非常に重要なポイントとなります。

シェアハウス運営事業者は、そのシェアハウスの分身といっても良い存在です。運営事業者が決めたルール、運営事業者が受け入れることを決めた住人が生活するシェアハウスに、果たして自分が住んで良いのかどうか、しっかりとイメージすることが大切です。では、どのようなポイントで良い運営事業者を見極めることができるのか。それは、シェアハウスへの訪問頻度です。訪問頻度が高ければ高いほど、物件に対しての関心が高い証拠です。そして関心が高ければ、住人がどのようなことに困っているか即座に気づくことができる可能性が高いでしょう。運営事業者にどのくらい訪問するか聞くことは絶対に外せないポイントのひとつです。

また、毎日の生活に欠かせない生活設備についても調べていきましょう。お風呂や洗濯機などは時間帯によって混み合うことが多々あります。自分の生活リズムと住人の生活リズムがしっかりと噛み合うのかどうか、事前に調べておくとよいでしょう。生活設備によっては現金を使ったコイン式の運営を採用している場合があります。メリットデメリットがありますので、ここも注意しておきたいです。

共同生活独特の不便さが不安になりがちなシェアハウス物件。この記事がその不安を解消するきっかけになれば嬉しいです。